女性に嬉しい情報が満載|薄毛に悩まない!

薄毛を治す治療薬です

薬

ミノキシジルも一緒に使う

名古屋のAGAクリニックで処方してもらえるプロペシアは、薄毛治療薬として有効性が高いことで知られています。プロペシアに含まれているフィナステリドには、薄毛を促進させる男性ホルモンと結合する酵素の働きを弱めることが可能です。ただし、プロペシアの主な役割は薄毛を進行させてしまう還元酵素の働きを弱めることで、薄毛の悪化を防ぐこととなります。プロペシアの服用に加えて、発毛効果が得られる治療薬としてミノキシジルがあり、名古屋のAGAクリニックで処方してもらうことが可能です。従って、薄毛の進行を食い止めながら発毛効果を引き上げるためには、ミノキシジルも一緒に使用していくことが大切になります。ミノキシジル成分が配合されている医薬品は主に塗布剤がありますので、幹部に塗っていくことで薄毛を改善できます。

性欲減退に注意する

プロペシアは海外で開発された医薬品で、東海地方では名古屋のクリニックで処方が可能です。医薬品である以上は自由に飲むことが認められているわけではなく、1日あたりの服用量は1錠までと決められています。安全性の高い医薬品として知られていますが、しっかりと用法や用量を守らなければ何らかの体調の悪化が生じてもおかしくありません。プロペシアを過度に服用してしまったときには、男性ホルモンの生成を抑制する作用がありますので、性欲の減退などの症状が現れることがあります。服用しているうちに性欲が減退していると感じたときには、名古屋のAGAクリニックで医師に相談してみることをおすすめします。AGA治療薬とED治療薬は併用できますので、医師の判断のもとで両方の症状を改善することが可能です。